貴殿のふとした疑問に答えるブログ

ふと疑問に思う「なぜ?」「どうして?」「〇〇って何?」に答えるブログです。

いざとなったら大型旅客機は一般の道路に着陸できるの?

A380の着陸

飛行機の運航は私たちの生活に欠かせないものとなっています。航空機が快適で効率的な移動手段として日々多くの人々に利用されていますが、飛行機には予期せぬトラブルがつきものです。そんな緊急事態において、大型旅客機は一般の道路に着陸できるのでしょうか?

 

まず、航空機の着陸には相当のスペースが必要です。一般的な大型旅客機であるボーイング747やエアバスA380などは、長さが70メートルを超え、翼幅も同程度あります。これに加えて、着陸滑走路として必要な距離はおおよそ2,500メートル以上とされています。都市部や幹線道路では、このような広大なスペースを確保することは非常に困難です。

 

さらに、道路の構造や強度も大きな問題です。航空機の着陸には滑走路の表面が平滑であり、かつ非常に高い強度が求められます。空港の滑走路は、飛行機の重量に耐えるために特別な設計と施工がされています。日本の一般的な自動車道路はアスファルト舗装です。一般の道路は車両用に設計されており、典型的な乗用車の重量は1.5トンから2トン程度になります。このアスファルトの厚さはたかだか数センチにすぎません。

 

対して、空港の滑走路の場合、アスファルト部分だけで2~3メートルもの厚さがあります。そのくらいの厚さにしないと航空機の重さに耐えられないのです。ボーイング747の場合、最大離陸重量は約400トンに達します。このような巨大な重量が道路に加わると、アスファルトがひび割れたり、陥没したりするリスクが極めて高いです。地中に埋設されている水道管やガス管なども破損してしまうでしょう。

 

また、道路上には電柱や信号機、標識などの障害物も多く存在し、これらは着陸の際に大きなリスクとなります。さらに、一般道路の舗装は飛行機の滑走に必要な平滑性を備えておらず、滑走中にタイヤが損傷したり、機体が制御不能になる危険性もあります。また、滑走路は雨水が溜まらないように溝が刻まれており、雨水が流れるように傾斜しています。水が溜まってしまうと車輪がスリップしてしまうからです。

 

私たちは、道路上なら大型機でも着陸できそうなイメージを持つかもしれませんが、実際のところ難しいのです。滑走路には、飛行機を安全に運行するためにさまざまな工夫が施されているんですね。

にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
にほんブログ村