貴殿のふとした疑問に答えるブログ

ふと疑問に思う「なぜ?」「どうして?」「〇〇って何?」に答えるブログです。

空港バスのデザインが普通の路線バスと異なっているのはなぜ?

空港内で走るランプバス

空港で見かけるバスは、普通の路線バスと異なる独自のデザインが施されています。なぜ空港のバスは特別な形をしているのでしょうか?この記事では、空港バスのデザインがどのように利用者の利便性や効率性を高めるために工夫されているのかについて考えます。

 

●広い乗降口と迅速な乗降

空港バスは料金を徴収する必要がないため、乗降口を広く設けることができます。これにより、乗客が迅速に乗り降りできるようになっています。空港バスの主な目的は、空港内の別の地点に乗客を素早く運ぶことです。そのため、乗降のしやすさが最も重視されています。乗車時間が通常5分程度と短いため、乗客がスムーズに乗り降りできるように設計されています。

 

●大容量設計と快適性のバランス

普通の路線バスの場合、乗客は少なくとも10分から20分程度乗車することが一般的であるため、快適な座席が必要です。しかし、空港バスは乗客をターミナル間で移動させるのが主な役割です。乗車時間が短いため、座席よりも大容量が重視されます。多くの乗客を効率的に運ぶために、空港バスは広い車内空間と大容量の設計が採用されています。

 

●荷物の収納スペース

空港バスは、大きな荷物を持った乗客が多いため、荷物を収納するスペースが重要です。多くの空港バスには、荷物を置ける専用のスペースが設けられています。これにより、乗客は自分の荷物を手元に置くことなく、快適に移動することができます。一方、普通の路線バスは大きな荷物を持った乗客が少ないため、荷物収納スペースはほとんど設けられていません。

 

●環境に適した設計

路線バスは都市内を走行するため、雪や上り坂など様々な道路状況に対応する必要があります。これに対し、空港バスは空港内の平坦な道路を走行するため、特別な馬力や除雪の必要がありません。空港内のバス通路は簡単に除雪できるため、空港バスはそのような環境に最適化された設計が施されています。

 

【空港バスの特徴】

たくさんのドア:乗客の迅速な乗降を可能にするため、複数のドアが設置されています。

低床設計:荷物を持った乗客がスムーズに乗降できるように、床が低く設計されています。

広い車内空間:多くの乗客と荷物を効率的に収容するため、車内空間が広く取られています。


長い車長:小回りを必要としない空港内の環境に合わせて、車両が長く設計されています。

 

【路線バスの特徴】

料金徴収のための一つの乗降口:乗客が料金を支払うために、通常は一つの乗降口が設けられています。

快適な乗り心地のための座席数:長時間の乗車を考慮し、適度な座席数が確保されています。

都市環境に適した車両設計:街中での取り回しを考慮し、適度な車長や車幅が設定されています。

 

空港バスが普通の路線バスと異なるデザインを持つ理由は、主に利便性、効率、安全性を追求した結果なんですね。

にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
にほんブログ村